考えたこと

自分でもばかだと思う気持ち。早生まれの子どもは避けるべき?

更新日:

自分でもばかだと思う気持ち

自分でもばかだと思う気持ちを書きます。くだらない話です。

私は生理が来ると大抵やっていることがあります。

それは、次の周期に授かった時、赤ちゃんの誕生日が何月何日になるか計算することです。笑 インターネット上にある無料の計算ツールで行っています。

前回生理が来た時調べたら、今回授かっていたら予定日は3月25日頃でした。

今回残念な結果だったら、4月23日頃が予定日になるのでしょうか。

2019年5月から新年号になるのかと思うと、正直複雑な気持ちです。

できることなら早く子どもが欲しいです。でも、仮に4月が誕生日になったとして、同じ学年で4月生まれだけ平成になるじゃないですか。

同級生にいじめられないかな…とか、まだ全然悩む資格もないのに、悩んでいます。笑

計画的な親の中には、2019年4月生まれを避けてくる方もきっといらっしゃるじゃないですか。

たぶんなかには「新年号になってすぐのベイビーを生んでやるぜ!」みたいな、2019年5月生まれを狙っている人もいるわけで(勝手な妄想)。

新年号を狙って子どもをつくろうと考えられるような余裕がある方たちに、正直なところ嫉妬しました。勝手に妄想して、勝手に嫉妬しているなんて、我ながら呆れます。

この話を夫にしたら、「そういうとこ気にするよね~」と笑っていました。

「自分たちと同じ平成の時代を生きられるんだから、いいじゃん」と。

私の夫は、夫自身が早生まれのこともあり、できたら4月生まれより3月生まれがいい(今回授かっていてほしい)と言ったあと、「やっぱり平成最後の子(2019年4月生まれ)というのもかっこいい」と言い、あまり気にしていないようでした。

楽観的な夫の言葉を聞いて、少し気が楽になりました。

今日ブログをいろいろ見て回っていたら、「妊活をしていて、子どもができない」という悩みは、時に人を傷つけるのだと書いてありました。

妊活することができる時点で恵まれている。妊活をしたくてもできない人もいる、と。

今までは自分の中の「つらい」という気持ちばかりを気にしてしまっていたので、その言葉にはっとさせられました。

自分がつらい時も、周りの人のつらさにも敏感であれるくらいの余裕を持っていたいものです。

数か月前に比べると今の私は余裕がある方ですが、勝手に妄想して嫉妬してしまっているうちは、まだ十分に余裕があるわけではないんでしょうね。

明日は病院に、夫の検査へ行ってきます。

 

2018.10.12追記

結局、3月末が出産予定日になりました。

妊活を始めた当初の私は、リセットするたびに「このまま授かれないのが続くと、子どもが早生まれになってしまう…」と焦りを感じていたのですが、いま思い返すと考えすぎだったかな、と思います。

まだ生まれたわけではないので安心はできませんが、授かれた今となっては、限られた人生の時間のなかで、1日でも多く自分の子どもと時間を共有できるというのはやはり嬉しいです。

早生まれの子どもには、主に以下のようなことが言われていると思います。

  1. 幼少期の子どもは成長スピードが早いため、4月生まれと3月生まれでは同じ学年でも早生まれの子どもは勉強、運動ともに不利になる。4月生まれの同級生と比べ、「自分はできない子なんだ」と子ども自身が思い込むと、その後の成長に影響する。
  2. 保育園に預ける時に不利になる。出産後仕事復帰しようと考えると、子どもを0歳から預けると預けやすい。(1歳で預けようと思う人が多いので、1歳で預けようと思うと倍率が高い)早生まれの場合、0歳では4月入園に間に合わないため、倍率の高い1歳での入園になる。

早生まれは挫折しやすい?

「1」については、劣等感を抱くタイプの人はきっと幼少期に劣等感を抱かずに済んだとしても大学受験、大学生活、社会人生活…といつかは劣等感を抱くと思うので、挫折するならいっそのこと早いに越したことはないか、かと思うことにしました。

「負けていられない」と頑張るタイプの子どもだったら、逆境でも努力することができる力が磨け、自分よりもできる子たちと張り合うことで成長も早いかな、と。

保育園入園に不利?

保育園に関しては、勤務先は中小企業なので保育園に預けられず育休が伸びてしまったらまずいかなぁ…と少し心配していました。

しかし実際のところ、私の場合はつわりが想像以上につらく、結局出産前に退職することになってしまったので、心配しただけで終わりました。

その時の残念な気持ちは、別ブログで書いています。よろしければ以下のリンクからご覧いただけます。

www.yuiko-blog.com

今回の妊活を通して、

  • 計画して子どもを「作らない」ことはできても
  • 計画して子どもを「作る」ことはできないんだなぁ

と痛感しました。

もし、「子どもが欲しいと思っているけど、子どもが早生まれになるのは心配。妊活をお休みするか悩んでいる」という方がこの記事をご覧になっているのであればお伝えしたいのですが、

子どもが欲しいという気持ちがあるのであれば、子どもが早生まれになることはあまり心配しすぎなくてもいいとは思いますよ。私はどんな心配事も、「元気に生まれてきてくれればもうそれだけで十分」という喜びに変わりました。

 

2018.7.6

結衣子

-考えたこと

Copyright© アラサーOL赤ちゃん待ち記録 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.